Apr 8, 2017

coco

愛犬 coco(カニンヘンダックスフンドの女の子)が7歳のお誕生日を迎えました!


当日は大好きな手羽先を骨ごとプレゼント。
骨つき肉を食べる時の顔は人、いや犬が変わったように激しい野生的な表情になり、普段大人しくおっとりしているのでそのギャップが可笑しくて^^

里親として我が家に迎えてから4回目の春
以前どこかで聞いた「犬の記憶は三年ほど」
それが本当ならもうこの子の記憶は我が家のことだけで全て埋め尽くされているのかな。


おだやかなココ
子どもたちに何をされても一度だって吠えるのはもちろん唸ったことさえありません

子どもたちもココが大好き

私の膝が空くチャンスをいつもチラチラと狙っていて、いざ空くと今だ!とばかりに膝に乗ってまぁるくなったりお腹を見せたりして甘えてくる。

犬は永遠の3歳児とはよく言ったものですね^^
ずっとずーっとかわいい。


一方で犬にとっての7歳という年齢を考えたとき
ドッグフードの種類別の年齢目安なんかに書いてある
大体1歳〜6歳 そして7歳〜という表示を思い出す
そう、もう若くはないんだ


今まで飛び降りていたベッドからも
最近はひとりで降りらないようになり
私を呼ぶようになりました

じーっとしている時間も以前より増えた気がする


このやわらかなふわふわの毛も
じっと見つめてくれる純粋な瞳も
あったかく少し香ばしい香りも
帰宅をしたら一目散に駆けつけてくれるトトトカチカチした足音も

全てを懐かしく恋しく思う日がいつかくることをいつも忘れないように一緒にいられる今を大切に


出来るだけ触れること 撫でること 名前を呼ぶこと
私ができること

これからもずーっとよろしくね

留守番中は
椅子にかかった私のストールや羽織りなんかを
ひっぱってきてぐるぐるに重ね
自分で落ち着く空間を作ったりしている^^
言葉は話さないけどこういうことで気持ちが伝わる
ありがとう。
おめでとう♡

No comments:

Post a Comment

新しい時計

好きな時代は断然、1920年代と1950年代。 私の中でこの時代を想像してみるだけで心浮き立つ輝かしい時代です。 文学、音楽、芸術、ファッションありとあらゆるものが花開き咲き誇った時代。 アール・デコが好きです。そのアール・デコを生んだ1920年代そのものにも憧れています。...