2016/05/27

きものと粋

素敵なきもの屋さんをみつけました


中目黒にある《KAPUKI》

きものを現代のファッションとして提案しているお店です

戦後、日本は
世界に追いつけ追い越せとばかりに
自国の様々な文化を自ら否定、切り捨て、忘れ去りもしてきた部分が多少なりともあると思います

そんな中きちんと残っているもの
いや、あまりにもきちんとした形になって今伝わっているもの
そのひとつにきものがあると思います

きものは日本という国が持つ誇れるものの一つで、大事に残そうとするあまりとてもかしこまった、フォーマルなもの(いろんなルールがあったり)としてのイメージが強くありますが

本来、日本人全員きものだったはず
ということはきものは全くの普段着であったということ

今、《きもの》として伝わっているものは昔の時代でいうと最上のおめかし着なのでしょう

もちろんそれも素敵
そしていろんな作法、ルール、型などということはとても大切にしたいと思っているし、それを知らなければ
《型》破りも《型》崩しもそもそもできないものだと思う

ただ、最上のおめかし着としてのイメージが強すぎて本来わたしたちみんなのものだったはずのきものへの敷居が高く、間口も狭くなっている気がする

そんなきものをもっと自由に楽に楽しみましょう!というメッセージをこのお店から感じたので、呼ばれるように初めてきものを仕立てることになりました



白襦袢を合わせたらきものとしても
夏は襦袢をとって浴衣としても
いろんなシーズンで着られそうな素敵な反物をみつけてしまいました

藍と白と薄茶のグラデーションとコントラスト真っ白な帯と白黒の帯締め

わたしが普段の洋服で好んで合わせているような色合わせとイメージに
普段着としてのきものが想像つきました

全て採寸してオーダーをかけ
職人さんが手縫いで仕立ててくれます

なんて贅沢な、と思いますが
流行りのバッグひとつより手頃にできると知り嬉しくなりました

今年はまず浴衣から、秋になると白襦袢を合わせて
あくまでも持っているワードローブのうちの1着として自然に着るものの選択肢に入れて楽しみたいなぁと思います




女主人の女性が最高に粋でかっこいい

粋っていいですね
すっと垢抜けてさっぱりしているのに色気があって

アメリカがゴージャスで
ヨーロッパがエレガントなら
粋って日本の最高の美意識なんじゃないかな、なんて思います

垢が抜けた
とか
綺麗のもつ意味は姿形が美しいという意味だけではなく
掃除の「綺麗にする」というような浄化の意味がある日本語

日本人が美しいと思うものには
「清潔」なことが大切なことがわかります



1ヶ月後の完成が本当に楽しみ

2016/05/24

友人と

ひさしぶりに友人とランチ♪


いつも美しく楽しい自慢の友人達です

次男を連れて♪
長男はやんちゃで活発なタイプなので生後半年過ぎた頃からは
友達と食事をしていてもおひざでぴょんぴょん!フォークやスプーンに手を伸ばしがっしゃーん!
で話す余裕なんてほぼ無くて
結構大変でしたが
おっとり次男は終始お座りにこにこ
みんなに抱っこしてもらったり
気持ちよくなってきたらねんね〜
ママ、ゆっくりお話できました
ありがとう!


その後みんなで長男のスクールのお迎えについてきてくれることに♪

帰り道、
いつもの姿を激写されました、笑


長男はベビーカーに乗るより押したい時期みたいでこんな風にスーパーマンみたいになりながら歩いています
ここ半年ほど、、
君は腕と腹筋のトレーニングになりそうだけど
ママは腕がたくましくなってしまいそうだよ、、涙

帰り道もらった風船もベビーカーにくくりつけてパレードみたいになってるし、、^^;


思い存分おしゃべりが出来てたくさん笑って楽しい一日♪


ありがとう!

2016/05/23

同じ場所でも

お茶する時間がこんなにも贅沢な時間になるなんて....
わたしの時間はあかちゃんのお昼寝タイマー付き
いつ鳴るかドキドキ


本を読んで、溜めがちなメールの返信をして、ぼーっとして....

目に流れる文章、
ハーブの香り、
外の景色をぼーっと眺めて
頭の中にまあるく出来る自由な空白
忙しいからこそ、この時間の全てが引き立つ

お茶する時間って前はなんでもない日常だったのに

これ、この感じ、
前にも感じたことがある

もう何年前だろう
たまたま同じ温泉に
季節を変えて二回行きました

一回は忙しいながら日々充実して忙しかったとき
もう一回は仕事が思うようにいかず暇をもてあそんでいたとき

同じ温泉でも感じ方がまるっきり違って、、
前者は心の底身体の芯まで染み入るように感謝してその時間を楽しめた
後者はぼーっと続く時間の延長でしかない退屈なひととき

素敵な同じ場所にいても
そのときの自分の状態で感じ方はまるっきり違う

だから何かに行き詰まったときも
ここではないどこかに心地よい場所を求めても (あ〜楽園に逃げたい!とか)そんな場所無いのかも
今ここが楽園でなければ

青い鳥はいない
今をないがしろにして
幻想を追い求めるんでなく
今を大事にすること
足元にある幸せをきちんと感じて
この瞬間をめいいっぱい味わうことが日々できたら素敵ですね

だから忙しくても今日も
今ここで思いっきり生きたい


こどもを見ているとそれがごく自然にできていて眩しいです
君を見習うね♪

Big mama

週末は甥っ子たちが我が家に大集合♪

うちも男の子ふたりなので
男子ばかり5人!
ぐるっとテーブルを囲む光景はなんというか、圧巻でした

いつもごはんも、もりもり!
この前は寸胴鍋でたっぷりおでん!
今回はハンバーグ!
憧れのビッグマンマ気分♪



作ったものを食べてもらう
それは純粋な喜びですね

大げさかもしれないけど
料理を食べてくれて
それが何かのエネルギーになったり、身体のほんの一部になったりするのだから大切で大きなこと


最高にやさしい、面倒見のいいお兄ちゃんたちに思い存分遊んでもらえてよっぽど楽しかったのでしょう

帰るとき にぃに!にぃに!と号泣してしまいました

わたし以外で今までこんな風になったことはあまりなかったので驚き

甥っ子くんの遊び方を見ていると
自らとっても楽しみながら遊んでくれていてそれがストレートに息子たちに伝わっている
それがとってもうれしいし楽しいみたい
そんなふうに遊べたらいいな
素敵だな
わたしも勉強になりました


おひざでつかまり立ちの特訓中!

2016/05/21

自然の中で


先日家族旅行でハワイに行きました

太陽、風、海、山、
遊具がなくても
こどもは自然と上手にあそびますね

そして自然の中が一番似合う
きっと純粋さが自然と同調、調和しているんだと感じるくらい

自然の方もこどもが大好きなのを感じます

いろんなもの、ことを
心から新鮮に感じて面白がってなんのためらいもなく思いっきり泣いたり笑ったり転んだりしながら毎日のように自然と遊べる時期なんてもしかすると一生のうちの長くても10年くらいなのかもしれない。

その間に自然と親友になるくらい仲良くなってこの地球を居心地よく感じながらその先も生きてほしい

そのために親ができることは
とにもかくにも自然と触れされる機会を作ってあげること
都会にいると中々ハードルが高くて思えていたのですが都内でも見渡してみると緑豊かなスポットが数多くあり
嬉しくなりました

明日も近所に見つけた穴場の森林スポットにいってきます♪

2016/05/19

メイク時間

お出かけの時、
こどもたちの用意は出来ても、
自分の支度をする時間を捻出するのが本当に難しい

顔を洗って化粧水をつけたと思ったら
次男がえーん!
はいはい行きますよ〜

下地を塗ってさあ眉にとりかかろうと思った頃に

長男がママママーどこ〜?

ここよ〜!洗面台よ〜!

あ!か〜し〜て〜(眉ペンシルやチークブラシなどを取り上げられる)

一旦中断。

ふたりとも気がそれた!
今がチャンス!

あれ、、チークブラシがない、、

指で代用するか〜

あ!!ママのリップを噛んだー!!
食べ物じゃないー!!ダメー!

さて着替え。

足元にふたりを連れてってよじ登られそうになりながら、、
あ鼻水ついた〜
これ着るのやめてこっちにしよ〜

なんてことを繰り返し
細切れで進めていって、、





なんとか完了♪
いってきます♪

仕切り直しごはん

小さな子供がいると
一日があっという間ですが
中でも夕方からの時間は大忙し

ごはんの支度、
食べさせて、
後片付け、
お風呂、
着替えさせ、
寝かしつけ〜!

ようやく眠ってひとりの時間が訪れた時、お腹がぐーっと鳴って空腹に気が付いたり。

あれ?夜ごはん、わたしも食べているはずなのに食べさせるのに一生懸命で食べたのか思い出せない、食べた気がしない。笑

そうなると夜中だろうがなんだろうが
ひとりで夜ごはんを仕切り直すことに(元気な時限定ですが)

お気に入りはキッチンの片隅に置いてある小さな机でひっそり食べること

みんなが寝静まり
ごはんを温めなおたり軽く作り直したりしてゆっくりいただくこと
至福の瞬間〜♡

あったかいものをあったかいうちにいただくことがこんなに嬉しいことだなんて

小さなビールもセットでつけて
夜な夜なキッチンで舌鼓をうっています

そうこうしてる間に主人が帰宅して
キッチンでそのまま一日の出来事を話し込んだり
大人と話すことが楽しくてつい一方的な長話。

狭い空間が妙に落ち着く〜

とある日の
仕切り直しごはんたち



納豆パスタ

納豆お醤油バター卵黄でソースを作りバジリコと塩昆布をトッピング
茹で汁多めに入れると納豆のひっかかりもなくつるつる美味しくいただける


豚キムチ定食♪
たまに無性に食べたくなります豚キムチ。
白菜ニラえのき椎茸玉ねぎ白葱にんじんどっさり入れて
かき菜と長芋のお味噌汁と。
毎週たっぷり届く宅配野菜が
いい野菜ノルマになってくれています


醤油バターの明太子パスタと竜田揚げのチキンサラダ♪

夜食なのにしっかり過ぎますが、
赤ちゃんふたり育てている今は消費カロリーがすごいので大丈夫...!なはず!

真夜中のあったか仕切り直しごはん。
くせになりそうです♪

2016/05/18

リフォーム計画

目下、進行中で楽しみにしていること!

家のリフォーム!



長年の家族のインテリア構想が
プロの手によってどんどん練られ洗練され図面になり夢が目に見えるようで楽しみで仕方がありません



(これはイメージ画像)

リビングに必ず欲しい大きな作り付け本棚と暖炉

パパの本、ママの本、子供たちの本。
それぞれ違う趣味の本が並ぶ本棚はリビングに何よりも温かみと楽しさをもたらしてくれそう


完成は夏予定。

ヨガ時間

朝一でヨガクラスへ♪


スタジオがとーってもご近所なので起き抜けに行くことが出来てありがたいです
ヨガを行う時間は朝一と眠る前が最高

朝は気持ちを前向きに整えるヨガ
胸を大きく開いてのび〜る
酸素を体中にたっぷり取り込んで新鮮な気でいっぱいにする
イキイキとした
一日を過ごせますように

眠る前のヨガは気持ちを静める方に整えるヨガ
気持ちよくゆったりと心身をほぐし癒すように
内なる声に耳を澄まして一日に感謝をする
今日一日をただ振り返る
感情を抜きにして淡々と観察をして全てを一旦忘れ空っぽにする
また明日まっさらな一日をはじめられますように


忙しい毎日で知らず知らずにうっすら心にかかるもやもやとした埃のようなものを
その都度一掃してくれるようなクリアな感覚にやみつきになります

おとうとも一緒に♪

先生の前のヨガマットを拠点に
縦横無尽にみなさんのところにハイハイ〜

寛大で優しいクラスのみなさんに感謝です

いつも、みんなで子育てしようね♪と言って下さるヨガの先生
その言葉、とっても嬉しい。

ヨガを習い始めて一年以上が経ちました

素晴らしい先生との出会いに感謝
凛としていて天女さまのような先生と
強くしなやかで仏様のような先生
内も外も美しいそれでいて気さくな先生方なんです 
これからも長く続けていきたいな♪

2016/05/17

しっとりした日

今日は朝から雨

しっとりとしたお天気ですね
晴れ続きで喉が渇いていた街が
ごくごくお水を飲んで
潤っていく姿を想像すると
雨もいいもんだなぁと思います

こんな日はちょっと一休みして
何もしない時間を味わおうかと気持ちもゆったりしてきます


本日も小人の国に勤務
ソファ裏に配したデスクに座って作業をしている
この小さな国の見張り番を任されている気分に

こどもたち、わたしのそれぞれの世界が一つの部屋で繰り広げられる

お兄ちゃんはクルマ遊び
おとうとはつかまり立ちの練習
わたしは書いたり読んだり調べたり...

わたしの世界はいつなんどき中断することになるかいつも分かりませんが、笑



気分転換にペディキュアを珍しく真っ白にしてみました
赤系が定番だったけど
足先が真っ白なだけで
清潔でさわやかな気持ちに

何事もこだわらずどんどん試していくことが大切だなぁ
変化が苦手なわたしのこれからのささやかなようで大きな課題になりそうです

夜中に


字の練習を

少しでも何かにひとつのことに没頭する時間は
自分のうちの深い大事な場所が癒えるひとときにもなる


3年目にしてなんとなくひらがなのコツが少しずつ掴めてきました
コツのしっぽをふっと掴んだタイミングで練習練習
ここで掴んだしっぽをたぐり寄せるように練習するとぐんと伸びる
ここでサボるとまた一からやり直し、、

今後の課題は連綿
続け字で書けるにようになりたい
思ったこと感じたことをそのまま時間差がなく
滞りなく指先からさらさらと流れてくるように書けたなら



おやすみなさい

2016/05/13

vivid

好きだから自分ではつい落ち着いた色ばかり選んでしまうけど

節目節目にプレゼントしてもらうものは不思議なほどいつも明るく綺麗な色が多い
主人にいたっては
フューシャピンクやターコイズブルーなど眩しいような色ばかりすすめてくれる

地味色が好き(自分ではシックな色)なわたしにもう少し華やかに生きなさいというメッセージなんだと勝手に解釈しています、笑

目にした時に一瞬で気持ちが華やぐのは
げんきな色がなせる技

そのパワーに魅せられて
最近自分でも綺麗な色を手に取ることが増えた


無彩色な私の持ち物の世界に少しずつ点、点、と鮮やかなペイントが花のように咲いてゆく






30代、これらの色の力も借りて
鮮やかなものにしたいな、と思う♪

2016/05/11

贅沢時間

午前中の用事を済ませ
車を運転して帰る途中
子供がお昼寝してくれたらすると決めている楽しみなこと.....

道路脇に車を停めて
コーヒーを買い、
即席車内カフェ時間〜



窓を気持ちよ〜く開け放って
好きな音楽を静かにかけて
ぼーっとすることもあれば
今日は電子書籍で読書

電子書籍
ここ半年くらい外出先で大活躍
紙の本ではないことに抵抗があり中々手を出せずにいましたが
試しに使ってみると
なんて便利!!なんて優れもの!

いつも数冊の本を併読するのですが
ここに何冊も入ってしまうし
なんだっけな?って箇所をタップすると漢字の読み方や単語の意味まで表示されて
今まで?と思ってもなんとなく勘で読み続けていたところを
そのままにせず深く読むことができるようになって楽しい

抱っこしながらも暗いところでも読めて子供に破られる心配もない!

バッグにこれひとつ入れておけば隙間時間にさくさく読めるので
読書量が増えました
いい〜♪

もちろん紙の質感や重み、
ページをめくるという行為自体が好きなので
装丁の綺麗な本やどっしりした物語、何度も繰り返し読み返したいものは紙の本で読みたい
だけど一度読んだら手元に残さなくてもいいかな〜という本は電子書籍で充分かも
場所もとらないし、処分にも困らない
唯一、残念なのはお風呂で読めないこと
長風呂読書
すごく好きなんです

話がちょっと脱線しましたが

この贅沢な時間〜
お昼寝から目覚めるまでたのしみまーす!

新緑の匂いをたっぷり含んだ風がすべての窓から出たり入ったり。
そのやわらかな感触が本当に気持ちいい
5月の風と光って完璧ですね
この季節がもっと続けばいいのにとも思うけど
すぐに終わるとわかっているから
こんなに至福を感じられるのでしょう


BOLETのLISZT
叙情的でなんて美しいアルバムだろう

2016/05/10

30歳の節目

なりました!
ついに、30歳!

なんだかここへ来て、
やっと成人した!という晴れ晴れしい気持ち。

昔から年上に見られることも多かったのでこの歳になれて妙な安心感があったり、、笑



髪も切って清々しくはじめよう


今年贈ってもらった薔薇は
20代のピンクから真紅になりました
う〜んオトナ!



20代よく使い込んだ革のバッグ

これがわたしのバーキン!
なんて思ってなんでもポンポン放り込んでたくさん使って
小まめにクリームでケアし続けた結果、
我ながら自慢のくったりつやつや具合。
革のものをじっくり使い込んで得られる経年変化が大好き
生きている温度を感じられる

そんなわたしの事を知ってか知らずか多分知って、主人から本物のプレゼント!


う〜、、、!
お〜〜〜〜!

まだ早い、、!
重々承知です

30歳になったらとほのかな憧れはありましたが
実際30歳になってみると思い描いていた大人像より子供っぽくて
まだまだ似合ってないと自分で思います

ですが、せっかく私のところへやってきてくれたからには
この30代を共に駆け抜ける頼もしい相棒でありたい
大切に、
でもよく使い込んで10年後、
いろんな思い出が詰まったこのバッグを眺めて振り返りたい
あの鞄みたいにくったり経年する様が本当に楽しみ
うれしいです




薔薇がキレイな季節ですね
お庭に咲いたからどうぞとおすそ分けをいただきました

春爛漫のこの季節、
梅雨までのほんの少しのうららかな時間、満喫しようとおもいます


お座り初心者の次男♪


やんちゃで甘えん坊な長男♪


激しく面白く壮絶で幸せな日々を送っています!
睡眠不足でふらふらで、、
そしてげんきです^ ^