Dec 8, 2016

好きな花たち

数ある花の中でも
カラーとあじさいが大好きです


イメージ的に
カラーは単に『カラー』より
英語でcallalilyの方がしっくり来る
lilyがつくことでそのシンプルな華やかさが際立つ気がして

callalily
初夏に咲く花
語源はギリシャ語で美しいという意味の
「カロス」から
又は白くくるっと巻いてある花弁に見える仏炎苞が修道女の白い襟(カラー)に似ているから
という説もあるのだとか



大人っぽくしとやかで洗練された雰囲気
すっきりと上品な姿が理想の立ち姿のようで好き

スッとシャンと立っていながらも先端にかけてゆったりと巻いた仏炎苞はあくまで柔らかく

どこをとっても理想の花

あじさいは英語でhydrangea 
ハイドランジア...あんまりピンときません
あじさいは漢字で「紫陽花」がしっくり

お花屋さんに行くと季節関係なく
いつも紫陽花を選んでしまいます

花持ちも良し
ボリュームもある
綺麗にドライにもなる

長く楽しめて嬉しい花

よく選ぶのは白と掠れたグリーンのような色





同じ色の切り花を3.4本まとめてボンボンっとボリュームたっぷりに生けるのが好きです


前の家は庭に紫陽花がたくさん咲きました
次の春から今の庭も少しずつ手を入れていこうかなと思うので紫陽花をボリュームいっぱい咲かせるゾーンも作ろうと、わくわく!


白い紫陽花でいっぱいにしようか?
紫〜青紫のグラデーションにしようか?

梅雨の楽しみ


そしてもうひとつ好きな花があります

これは別格な存在の薔薇として・・・

イブピアッチェ

誕生日や出産の節目....
結婚式のブーケやメインの花にもしました
特別な時に選び、贈ってもらう
最高に美しい香りのする薔薇


いつまでも夢の花です



Dec 7, 2016

クリスマスムード

12月に入ったので
我が家もクリスマスムードに♪

クリスマスの飾り付けをするの
とーってもひさしぶり!!

子供たちのスクール中の数時間に
買い物から飾り付けまで一通りやっちゃおう!

ああしよう!こうしたら綺麗かな〜?
こんな感じが喜んでくれるかな?
と想像を巡らせながらのデコレーション選びはとても心踊る楽しい時間(行き先はいつも何かと頼りにしているliving motif@六本木)

途中ゴージャスなクリスマスツリーに何度も誘惑されましたが、ダメダメ、、!
うちのはまだ1歳&2歳のちびっこ怪獣男子

オーナメントを取って投げあいっこ
ツリーを引っ張ってぼろぼろ
よじ登って転倒、、


なんてことが簡単に想像出来てしまうので(あぁぁ考えただけでクラクラ、、)
今年も大きなツリーどころか床置きツリーもお預けです^^;

全て、手の届かないところへディスプレイ 笑


ん〜♡
クリスマスムード盛り上がる!

夕方、子供たちにお披露目したら
クリスマス自体 あまりまだ分かっていませんが
わぁー!とは言ってくれたのでヨシ
(サンタさんに何お願いする?と聞いてみたら「歯ブラシ!」と^^;)



ただピカピカが綺麗で嬉しいらしく
朝も昼もつけて〜!とお願いされます

子供たちより主人が予想外にも大喜び!
ピアノジャズのクリスマスBGMを流し
(リビングに天井スピーカーをつけたのですがこれが大正解 部屋中に降り注ぐように行き渡る音楽が格別!)
ほくほくとミニクリスマスコーナーを
眺めながら深夜、ワインを飲んでご満悦の様子

よかったよかった♡

こうして12月は家族のクリスマス気分を
少しずつ盛り上げていこうと思います♪



クリスマスリースは
atelier cabane(アトリエカバンヌ) 
高橋有希さんお手製のもの


こちらの「ドライフラワー図鑑」
本当に素敵です





サンタさんから歯ブラシのプレゼント届くといいね♪

New Hair Style

短い髪を少しずつ変えて楽しんでいます

今回はちょっと1920sムードに
様々な文化が花開いた
ジャズエイジの時代にあこがれる

The Great Gatsbyのデイジーの親友ジョーダンベイカー、又は紅の豚 マダムジーナ風?
だなんて言ってひとり盛り上がっています





サロン Twiggy


念願叶って
通い始めて数回ですが

オン眉といわれる短めの前髪
アシンメトリーなカット
モードなボブライン

やってみたかったけどなかなか勇気がなくて
挑戦できなかったスタイルを次々と叶えてくれます

松浦美穂さん
技術と感性、両方に対して圧倒的な信頼感があるというのはなんと挑戦を容易にするのでしょう


そして憧れ、
ちょっぴり緊張感を持てる場所というのも大切

今の自分に少しマンネリしてきたら
ちょっと背伸びが必要な場所に身を置いてみることも必要 憧れる人に思い切って話を聞いてもらったり

そこでの背伸びがまた新たな世界を開かせてくれる

そしてそうして生きていると
ある時ふと、背伸びしてた高さに近づいていることに気がつく

そしてまた、そこからつま先立ち

子供たちには
強烈な「憧れ」をもってほしい

憧れってものすごい原動力だと思うから


たくさん夢みてね!

Nov 14, 2016

学ぶは真似ぶ

字の練習

字は毎日なにかしら書くものだから
無意識にもいつも自分の上達具合と向き合うことになります

練習したら練習した分だけ
サボったらサボった分だけ
きっちりその通りになりますね^^;

一番練習になるのは定期的に実践の機会を自分に与え強引に「圧」をかけちゃうこと

毎日何枚って決めて練習するより
いついつまでにお礼状を一通
の方が私には効果絶大です

そして
字を上達したいと思ったら
まずとにかく理想形を忠実に真似ることが近道だと書の先生から教わりました

学ぶという言葉は「真似ぶ」からきているようです

真似て真似て学ぶことで
まずはきちんと型を習得する
そこにきてはじめてそこから自分の字がはじまる

はじめは借り物の字のようでぎこちないかもしれないけど
書き続けていくうちに
自分だけの
流れ、筆圧、抑揚....
たくさんのその人だけの
細かな要素が重なって
「癖」になる
その癖がオリジナルになり
新しいひとつの形になる

文字のような決まった型があるようなものは特にそうだと思います

だから
「理想の字」があるのとないのとでは大違い

綺麗な字はたくさん見てきたし
そこからはみ出るような個性的な字も素敵

だけど私にとって
ここを目指したい!という字には中々出会えずにいました

漠然と字を練習するより
理想形を思い描いて練習する方がずっと張り合いがある

そんな時に届いた一枚のポストカード!

そこにさらさらと書かれていた字は
探し求めていたまさに、理想の字!!


そんな字の持ち主が
素敵な女性だった時の喜び...!
あぁこうしてまた憧れる。

お手紙BOXではなく
好きなポートレートを飾るように
いつも目につく場所に置いています
(お姉さんにはやめなはれ、と言われました、笑)


さらさらとした筆文字を見ると
清少納言を思い出す
私にとって歴史上の人物というよりは
往年の女優みたいな位置づけで
華やいだ気持ちで好きなひと

文机に向かう姿を
墨の匂いが漂う部屋や
小さな文机に上質な巻き紙が乗る様子を
想像しながら墨をすり
字を練習する時間は
束の間の時間旅行でもある







個人的にとても好きな
「高野切 第3種」


ファッションもアートも音楽も文字も
好きだと思うものはどこか似ていて面白い

そういうものを探って見つけて
内に溜めていく作業は
自分の心の中に
セレクトショップを作り上げているみたい

こんな洋服を置いて
こんな音楽をかけて
本棚にはこういう本
壁にはこの絵をかけようかな
こんな香りでこんなインテリア
お客様へのお手紙はこんな文字で

一見バラバラに見えて
でもどこか共通点があるからまとまってみえる。というような
そんな世界観をひとつひとつ作り出すことはひとつひとつ自分を知ること、発掘すること

文字はファッションのように
身に纏うものではなく、
身につけるものだから、
より好きなものを身につけたい

真似て真似て学び
自分の味や癖というものが
いつか出てくることを楽しみに
のびのびと
字の練習、続けていきたいと思います

Nov 11, 2016

美しいもの

美しいもの

その事について真剣に考える機会がありました


惚れ惚れするほど素敵なバッグだったり
舌を蕩けさせるほどの素晴らしいワインや
インスピレーションをくれるアート
世界に数台しか生産されていないような車...


そんなものの数々は
職人さんやアーティスト、
誰かが思いを形にして
丁寧に作っているもの
好きなことを突き詰めて出来上がった結晶

それらは当然大量生産ができないもので希少
高価にもなるわけで
その理由は物のやりとりが
「お金」で成り立っている世の中だから
当然の話なんだけど...


そのもの自体をそのまんま見る前に
美しいと感じるまえに
その価格の方に気を取られて
素晴らしいものを見ても
そのものの機能としては
他にいくらでも安く代替えがきくものがあったり
一見したところで似たものが溢れかえっているから
そういうものは
背景を知らない限り
無駄な贅沢品に映ったり
自分には関係のないものだと知ろうとする事自体を放棄したり
反対に
高価というだけで本当の姿が見えなくなり
やみくもにいいと思い込んでしまったり...

それがお金が怖さのひとつだな、と思います
真理を曇らせるという意味で...


資本主義社会に生きているからこそ
「お金」の先入観に染まらないよう
いつも心の目を曇らせないようにいたい


本当の一流とは
ピュアなもの


好きで好きで出来上がったもの
突き詰めて突き詰めて辿りついた形
伝えたい気持ち
大切に守り続けて継承する技術

それが美しいメロディーを奏で心に響く

そういうものを持ちたいと願うことは
単純に
好き!とか美しい!と思う気持ちは大前提で
その物作りを応援したいという意味
そのものから力をもらいたいという意味
後世に残すために自分が橋渡しの役割をするという意味

いろんな意味をもつ

そう考えてものを選ぶようになると
ちょっと....
いやかなり買い物しずらくなってしまうけど
自分の出来る範囲で
手に入れられる範囲で
出来るだけそういう美しいものを選びたいなと思います

ものだけじゃなく

美味しい有機栽培の野菜だったり
涙が出るほど魂を揺さぶる音楽
思わず目をつむって深く吸い込みたくなる香り
名文だと痺れる美しい文章

いろんなことにそれが当てはまる

尊敬の気持ちを持てる
感謝の気持ちを持てる
モノの選び方をしたい
それが
「少なく豊かに」
ということ


だから、
本当に自分にとっていいと思うものだけを持ちたいと
思う気持ちがさらに深まりました


30年前、
私の生まれ年に作られたケリーバッグ
塗り直しから帰ってきました!
30年前の新品だった時から
美しかったであろう彼女は時を経て
古色を帯び、艶が増し
しゃんと立って
なお美しく輝いています

こうありたいものです

「マダムケリー」

おかえりなさい♡



Oct 21, 2016

Audrey Hepburn hair

1度はチャレンジしてみたかった
Audrey Hepburn hair!


眉上の前髪がちょっとくすぐったくも
嬉しい!

Audreyを好きになったのは22歳の頃

その頃、クラシック映画にハマり
いろんな映画を観る中で
Audrey主演の
「Sabrina」を見た時の衝撃

劇中でParisから戻ったサブリナが
グレンコーヴ駅に佇む姿を見た時、
探し求めていた
理想の女性像が決まった!
と嬉しくなりました

それ以来、ずっと憧れ続けています

Audrey Hepburn名のつく写真集や本はついつい購入してしまうのはもちろん

好きな作品を音楽がわりにBGMとして流しておいたり(やっぱりSabrinaが多い)

Audreyの生い立ちから
出演作品の感想
様々なエピソード
晩年の活動についての自分なりの考察を一冊にまとめあげた
「My Audrey note」
なるものを作ったり

スイスまで行き
お墓にも手を合わさせていただきました

ファッションはきっかけで
知れば知るほど興味が尽きなくて
考え方や生きる姿勢に心打たれ
好きになった時からずっと影響を受け続けている存在です

Audreyを表現する言葉は

シンプルでシックでエレガントな人


クラシックを正統に
でも肩ひじ張らず
モダンに表現するセンス

謙虚さと自信

現実的なロマンチスト


好きなところを挙げれば
キリがないのですが
そのどれもが外見と内面、両面に一致する言葉で
そのふたつが一致していることの
大切さを学びました

自分の中でロールモデルを持つことは
人生で迷った時、悩んだ時の
道しるべや答えを導き出す時の
大きな助けになっています

それはその人の生き方を真似するということではなく
その人を通して想像する目を持つということ

Audreyは

謙虚な目
誠実な目
楽しむ目
暖かい目
本質を見つめる目....

いろんな目で見ることを教えてくれています


好きな人とはたくさん共通点を見つけたくなるのがファン心理というもの。

ちょっと自慢なオードリーとの共通点...♪

170㎝の身長
5月4日の誕生日
2人の男の子の母

結構、あるーー!!

共通点を見つけるたびに
すごい♡
と舞い上がっています。笑

Audreyトークは本当にキリがないのでこの辺りで....^^;

最後に

「人生は楽しむこと。
大事なことはそれだけ」

敬愛する彼女が言う、
この単純なセリフは
哲学書を一冊読むより
はるかに私の心に響きます


Audrey先生。

ですね♪


Oct 3, 2016

My favorite place

自分にとって寛げる空間や瞬間、
お気に入りの場所をリストアップして日々追加したり更新したりすることはその行為自体
とても安心する作業だったりします


東京、日本、世界
出会えた好きな場所
まだ知らないけどきっとある
心から寛げる、
または高揚する素敵な場所

寛げる場所は疲れた時、
駆け込み寺のように訪れると
心身に
驚くほど作用してくれる

高揚感を与えてくれる場所は
次に進む活力を与えてくれる


迷うことなくそこに行けばリラックスが約束されるってなんたる安心感
中々行けない場所でもそこを想像するだけで頑張ろうっと思えるってなんたる心強さ


自宅のリビングや車の中の
プライベートな空間はもちろん
気に入っているカフェや本屋さんやホテル
子供が出来てからは公園や図書館も
身近なお気に入り


好きと決めたところに
足繁く通うのが好き

大人時代の大半を過ごしている東京ではお気に入りはいくつもありますが
結構困るのが地元に帰った時。
高校時代までしか過ごしていないので
寛げるような場所を知らないのです

そんな中で地元に帰った時にオアシスとなるのは
大阪 本町にある
〈ST.REGIS HOTEL OSAKA〉



そして京都は祇園

〈ZENCAFE〉


洗練されてシンプルなのに華があって

ちょうどいいこじんまりとした感じもとっても落ち着きます


世界まで広げてしまうと
まだここ好き!
何度も行きたい!と思う場所はまだそんなに見つかってはいないけれど
心の中で思い出すだけで楽しくなる場所はいくつか

ハワイ島のFourseasons hualalaiの開放的でいてプライベートな造り
スイスのユングフラウヨッホへの道中のクライネシャイデック(噛みそう、、)にある
山小屋レストランのテラス席(標高が高く雲が下にあるんです
まさに雲上のレストラン)


パリのHotel Costesの中庭のラウンジの洒脱でスノッブな感じも好き



日本だと
京都の俵屋旅館  (サービスお料理その他全て好きです そして中村外二工務店さんが手がける空間が好き
和室と北欧家具の合わせ方やその相性の良さにいつも新鮮な驚きがあります)
洞爺湖のウィンザーホテルへの白銀の道のりをドライブすること(クリスマスソングを流しながら車内を暖かくして永遠に続くかのような白の世界にどっぷり浸る)



ここ絶対に好きだろうなと思うホテルはイタリア、トスカーナにある

〈Hotel Il Pellicano〉


自分が好きな場所や好きな空間って
昔から変わらないようでいて
感じる居心地は年々変わる
今の自分にぴたりと合った場所が
落ち着きをもたらす
自分の写し鏡であり理想の反映だなぁと思います
数年前はぎこちなく感じた場所が
ひさしぶりに訪れたらストンと馴染んだり、あれだけ心地よく感じていた場所なのに心はざわざわ不協和音を感じるようになっていたり


華美じゃないけれど
贅沢な時間

贅沢な時間だけれど
必要なだけ少しだけ

そんなバランスがここ数年
憧れでもあり心地いいです



子供たちには地元になる東京で
小さい頃からそんな場所を一緒に見つけて作ってあげたいなぁ

そして世界で一番落ち着く場所は
自宅でありたい


cocoにとって世界の中心は家。
彼女のプチリビングコーナー!


そう家族も自分も思える空間に
日々近づいていけるように
楽しみながら家づくりも続行中です♪

本の海の中で

朝、素敵なシチュエーションでヨガを


天井まで続く壁一面の本棚
開店前の本屋さんの静けさ
本たちもその中身を一旦眠らせているみたい

1日のスタートに体を動かすと
その日1日中、からだが滑らかに動いてくれます
もうね、全然違う!

心を解放して
ただ呼吸とポーズに集中することで
知らず知らずに自分の周りに
一枚一枚蓄積されていってる半透明のようなベールを丁寧に削いでいくような感じ
終わったあとは目も頭も心もすっきり!

この感覚がやみつきで
気がつけばヨガをはじめて
1年半が経ちました♪


Oct 2, 2016

ひさしぶり、お酒さん。

こんばんは!

涼しくなったなぁと思えば
急に蒸す日があったり
まだ部屋着は夏物でいいかなと
眠りについたら
翌朝くしゃみ!


この夏でも秋でもないような曖昧な期間もあと数日ですね
いつも
気がついた時には
すっかり綺麗に季節が変わっている


待ちに待ったお酒を解禁したんです


友人を家に招いて。
お昼からいただくシャンパンの美味しいこと....!

特別お酒が大好き!
毎日いただきたい!
というわけでもないのですが
「お酒がいつでも飲める」という自由がひとつ増える気分はやはりいいものです

お酒、特にシャンパンは
場も心も頬までも華やかにしてくれますね♪

この数年のリセットで極端に
お酒に免疫がなくなってしまったので
これを機に
本当に美味しいものを少しだけ
大好きな人たちと、少しだけ



そして夜中にひとり、
家中を整えながら自分に乾杯!
また明日!




Sep 23, 2016

雨の日のおたのしみ


おひさしぶりです!

なかなかブログの記事を書けませんが
とても元気に過ごしております

長男が2歳、次男が1歳になり
ほんのちょっとだけ母業を楽しめる余裕も見え隠れしてきました
日に日に目に見えないけど
0.数ミリずつ楽になってきているような気がします、、

東京は雨が続き、気圧の影響?か
子供たちもなんとな〜くぐずぐず
早くスカッと晴れてくれないかな〜と
公園遊びの要求コールを浴びながら窓の外をうらめしげに眺めるこの頃

そんな時は家でいかにどうやり過ごすか?、、いやいやどう楽しく過ごすか?が大きな課題

何しろ相手は待ったなしコンビ
起きている時間は休憩ゼロで次から次へと遊びをみつけてきます
同じ空間にいて放っておくだけでは主にいたずらを次から次へと思いつきリビングもキッチンもあらら状態^^;

なので最近は子供部屋に一緒にこもって扉もぴっちり閉めて遊ぶことに♪


(そういえばリフォーム第一弾終了しました♪)

子供部屋から続くちょっとしたお庭に芝を敷き詰めたのでここでお絵かきしたり水遊びしたり




集中して遊ぶ姿にハッとさせられること、多々。
いつもいつも、今を生きているね

家で過ごすたのしみ
大人バージョンは...


主人がレコードプレーヤーを思いがけず持って帰ってきてくれたので
レコードで音楽を聴くのに最近夢中です


お気に入りは
AALIYAAにSADEにエリカバドゥ。
90年代00年代のちょっとメロウで色気があるR&BやスムースJAZZ
女性ボーカルの凛とした中に心地よい甘さがある美しい歌声が慌ただしい毎日の潤滑油です

レコードで聴くようになってから
レコードで聴きたい曲とそうじゃない曲ってあるんだなぁと。

やっぱりレコードで流す曲はどこか懐かしくって「浸れる」曲がいいなと思ってそういうものばかり集まってきています。

何かオススメがあれば教えてくださいね♪

さて、もうすぐお昼寝から起きそうなのでカフェオレ飲んで本日の後半戦にのぞみまーす!

あぁ、ブログを無事に書き終えられたことに感動〜!(若干焦った感は文章に出ちゃったかも^^;)

また書きます〜



Aug 14, 2016

お盆

鎌倉のお墓に家族みんなで
主人方の母のお迎え


息子たちもパチパチと小さな手を合わせ「ばあばばあば」と呼びかけていました

夜は親戚家族が我が家に集合して
みんなでパワフルだった母の話で大盛り上がり

こうして孫たちもみんな集まって
賑やかに母の思い出話を楽しく話すこと
毎年いいな、いいお盆だなぁと
みんなが帰った後、片付けをしながらしみじみするのです



ばあばが帰ってきているから
いつもにも増して仲良く遊んでいるのかな?

新しい時計

好きな時代は断然、1920年代と1950年代。 私の中でこの時代を想像してみるだけで心浮き立つ輝かしい時代です。 文学、音楽、芸術、ファッションありとあらゆるものが花開き咲き誇った時代。 アール・デコが好きです。そのアール・デコを生んだ1920年代そのものにも憧れています。...