Aug 31, 2015

おとうと誕生!

こんにちは。

最近、平日は毎日のように更新していたブログ...がぴたりと止まってしまっていました。




この度、第二子である男の子が産まれました!






一人目の時と同じく
その日は突然に。


休日の朝。




ちょっと遅めにみんなが起きてくる。
朝ごはんの支度をしようと立ち上がる。



ん?お腹が張る。

あれ....あれれ....?頻繁に張る。

臨月だし、このくらいの張りは普通かも。でもなんか痛いかも?
気のせい?


痛くなる間隔を計ろう。


10分、、15分、、12分、、

バラバラ。前駆陣痛かな?

横になると意外と平気。
やっぱり気のせい?
まだ予定日3週間前だしな〜




一応、入院の準備だけしておこう。

部屋をあっちこっち移動して用意。


その間にみるみるうちに痛みが加速!

これ、、!この痛み、覚えがある!



、、、本番の陣痛だ!!!




お腹の赤ちゃんに

「え?今日にするの!?今!?明日あたりに伸ばさない?」

なんて相談するも、
赤ちゃんは今日!と。
固く決めてあるみたい。
よし、わかった!
でも、、ちょっと待って〜っ!
待ち合わせ場所(病院)に向かうから!


仕事に行く身支度をしている主人に



「突然だけど陣痛、きました!多分もう産まれるよ!!」


と目の前にポンっと爆弾宣言を投下。

忙しいので簡潔に!
陣痛の波が引いている間に入院準備を黙々と続行。


それを受け、業者さん並みのすごいスピードで確実にあらゆる手配を仕掛ける主人。

こんな時、チームワークを感じます。


一方。
パタパタと動いては突然、うぅっ、、とうずくまるわたしを見て、怖いのか不安なのか息子はびーびー泣きながらついてくる。
あんまり不安にさせちゃいけないと歪めた顔を無理やり笑顔にしようとするから反対にどんどん怖くなる私の顔。。笑



そんな中愛犬cocoは
みんな準備?おでかけ?と期待のキラキラした眼差しでしっぽをぷりぷりついてくる。


(どこ行くの?ぷりぷり♡)



出産直前!


混沌!


前回の出産は陣痛からあっという間に産まれたので


「今回はその半分の時間になるかもしれない。陣痛がきたらすぐお産になると思うので急いで下さい。自宅出産は避けたいね。」


との主治医の言葉を思い出し、冷や汗がタラ〜リ。。




ここで、、家で、、車の中で、、産むのは避けたい!!(実際に向かうタクシーの中で。とかあるそうです)



おだかやな朝から一転。
突然一家騒然!

みんなで急いで病院へ向かう!




.....病院到着!セーフ!ふ〜っ。



その間にもどんどん陣痛の間隔が狭まってそれと共に痛みも増してくる。


すぐに内診を受け、
先生「このままお産になります!!」


病院到着から5分でLDRに移動。


あかちゃんがどんどん下がってくる。
痛みも耐えがたいほどになったきた。
前回のことが鮮明に思い出されて
少し怖じ気づく。


今回は和痛分娩を希望していたので
麻酔医が来て準備を進めてくれる。
この痛みがどうやってなくなるんだろう?ちょっとワクワク。

ほどなくすーっと麻酔が回り始め、
陣痛が少し楽になる。
意識ははっきりとしているけれど、
お腹から下全体が少しボーッと鈍くなるような感じ。


前回の自然分娩との比較ですが、
痛みの感覚としては3分の一くらい。

ほとんど痛みが無くなるものだと思っていましたが、
和痛分娩はその名の通りあくまで痛みを「和らげる」ものなんですね。
私の場合、この時点でもうすでにお産が進んでいたのでそう感じたのかもしれませんが思っていたより

「え、、普通に痛い、、」

が率直な感想です。



それでもその和らいだ分、
あかちゃんに心を傾けられたのはとってもとっても大きかった。




今、あかちゃんこの辺まで降りてきている。頭はここかな。なんてことが分かったり、



上手よ〜そうそう!
たっぷり酸素届けるからね〜!
二人三脚で頑張ろう〜!

大きく息を吸って吐く度に
通る道をすーっと広げてあげられている感じがして安心しました。


二回目の出産で
寄せては引く陣痛の「波」というものの感覚を覚えていたのも心強かった。

前回はその波がくるのが怖くて怖くて....でも逃げられないから目をギュッと閉じて乗る!
という感じだったのに
今回は向こうから押し寄せてくるその波にいくよ〜!と、パドリングして自ら乗りに行く感じ。笑

そうして波をいくつも乗りこなし、
あかちゃんもそんな私に応えてくれるように、人生はじめての勇気を絞って力強く産まれようとしている。

一緒に時を待って
一緒に波に乗る。
とってもシンプルなことなんだなぁ。



もうすぐ、会えるね。
外の世界は楽しいよ〜!
安心して出ておいで

こうして体が繋がっていることがこの先ないんだと思うと、
この瞬間がすごく尊く思えて....
いろんな感情が満タンになって込み上げてくる。



一方、その頃主人はせっせと
汗を拭く!
ストローで水分補給!
一緒になって呼吸法!
お産が終わったら真っ先に食べたいものは何か?とリクエストをとる!(ハンバーグをリクエスト)

陣痛の波が引いたタイミングでプチ笑いを提供!
まるで監督兼マネージャーのような動き。安心!ありがとう。




そうこうしているうちに.....




あ!産まれる!!


「産まれます!多分あと二回くらいで!」



あかちゃんと息があっているのか、経験が一度あるからか、痛みが和らいでいるからか
多分その全部から余裕があり
そんなことまで分かる。


もうすぐ会える....!


そして、、、





ふぇ〜ん!おぎゃ〜〜〜〜!!





....産まれたーーーっ!!





その瞬間、
心の奥底から喜びが湧き上がって思いっきり声を出して笑っていました。

産まれたての我が子を胸の上にそっと置いてもらう。
小さな頭をそっと撫でてまだ濡れているほわほわの頬にキスをする。

よく頑張ったね!

今日からあなたの人生がはじまる。
おめでとう。

どんな状況でも環境でも、
自分の人生に用意されたその時々、
その瞬間を存分に味わい、楽しむ。
いつも今に集中して、生きてほしい。

Make it count!(タイタニックのこのシーン覚えていますか?)

最初の贈り物にそんな願いを込めた名前を用意してあるよ。

産まれてきてくれてありがとう。
こうして大好きな人との間にまたひとり宝物が増えた。
これって奇跡だな。と素直に思える。



気が付くと部屋に広がるいい香り。
あの時もこの時も。
yves piagetの思い出が増えてゆく。



じーんとしているとしばらくして
息子がやってきた。
実家から駆けつけてくれた母に抱かれて。

たった今お兄ちゃんになったんだよ!
君の子分だよ。よろしくね。

きょとんという顔をしてあかちゃんを覗き込む。

手を伸ばして触りたいみたい。

頭にそっとタッチをさせてあげる。
なんだか照れたような?笑顔を見せてこちらがびっくり。


どんな兄弟になるのかな。
たくさん遊んでたくさんわんぱくして喧嘩もしてでも一番の味方になり協力し合って一緒に大きくなってほしい。





自宅に帰宅。
隣で小さな胸をとくとく動かして静かに眠るほやほやの次男。



あっという間に過ぎてしまうこのほやほや期。
この「天から舞い降りてきた」となんの疑いもなく信じられるような新生児の一瞬。
何もかも透明で光っている感じがする神聖な期間。




ほんとに一週間前までお腹の中にいたの?
いつもその事に驚く。




今回はお産は「痛み」にフォーカスを当てるのではなくて、
「これから会える喜び」に心の角度を向けることが出来て
そこに楽しみが見出せました。
和痛分娩、個人的にすごくよかったです。


とてもスムーズでしたが
後陣痛が予想外に辛く。。
産んだのにまた陣痛きた?
もしかしてもうひとりいるんじゃ...?と思うくらい3.4日苦しむことに。
でもこれも体が元に戻ろうとしてのこと。すごいな〜からだって。


空っぽになったお腹に手を当てて、
産まれるまで守り育ててくれたことに感謝。


これからいよいよ年子男子2人の育児がはじまります。
もちろん楽しみ!
だが、どんな感じ?
まともに暮らせるのだろうか?

朝からのスケジュールをちょっと考えてみるだけで、
壮絶な忙しさにすでに脳がフリーズしたがっています。。

産後の心は不思議なハイテンションになりがちですが、体は何よりも休息を求めていて。
今はとにかく休もう。
今回もお世話のためにしばらく上京してくれる母にありがたく甘えてさせてもらいます。


たっぷり休んで人生の超多忙奮闘シーズンに入るにあたり、腹をくくらなくては!



こんなに書いといてなんですが
産後しばらくはPCも携帯も出来るだけおやすみにして目も休めるべき。


ただ、記憶が鮮明なうちにこうして文字にして残せてよかったです。
なが〜い記事、読んで下さりありがとうございます。



では、眠ろう...^ ^







Ps.ブログ用にと撮った出産前日の写真。行き場がないのでここに載せます。笑

ちょっと涼しくなってきた?
服も秋モードにシフトしていこう〜

なんてセリフと共に載せようと思っていた一枚。


レペットは個人的にエナメルではない革が馴染みがよくて好き。
妊娠中は特にこちらがルームシューズのようで快適。

なんて事を言っているこの日の呑気な私に教えてあげたい。

次の日にあなた!!
あかちゃん産みますよ!!と!^^;




Aug 21, 2015

ゆらゆらとんとんとん

昨晩から息子が発熱し、
今日はゆっくりと過ごしました。

まだ熱を出しても自分が風邪だ。
とか
今熱が出ている。
という自覚がないので
なんだかわけが分からないまま
ただただぼーっとして、
ふらふらして熱いってすごく不安だろうなと思う。

朝から晩まで
もうこれ以上くっけないよというところまで全身をこれでもかとぐりぐり預けてくる。

はいはいママはずっといますよー!
負けじとぎゅーっ
大丈夫よ〜
ゆらゆら
とんとんとん。


この感じ、覚えてる。
小さい頃わたしもおかあさんにしてもらってたこと。


あの時、
大きな安心感にすっぽり包まれていたことを肌で覚えている。
今、息子もそんな風に感じているのかな。

こどもは1歳過ぎたり集団活動が増えたりすると頻繁に熱を出すよ〜とは聞いていたけれど、
本当に微熱程度はしょっちゅう。

土日の予定は看病に変更。
あと少しの独り占め。
思いっきりさせてあげる。
もしかして、何か感じてるのかもしれない。
大丈夫よ〜
おにいちゃんになるけど
あなたはあなた。

これからもあなたのママ。
二分の一の半分こママではなく、
それぞれの『あなたのママ』いれるように意識しておきたい。



お腹越しの兄弟ショット。
あかちゃんはもうスタンバイok!
とのこと。

いつにするの?
ドキドキ。


今日は早めにおやすみなさい。


隣を見ると、ひとり、ムーディーなLady coco。金曜日の夜だもんね〜
Jazzでもかけましょうか?

Aug 20, 2015

夏休みの宿題とデート風景。

こんばんは。

まだまだ暑いですが、
朝と晩は大分過ごしやすくなってきましたね

8月も3分の2を過ぎ、夏の終わりももう少し。やっぱり今年もあっと言う間!

今日は『夏休みの宿題』をすることに。

月一で通っている書道塾。
気がつけばかれこれ3年!!

三歩進んでまた二歩下がるような亀のようなペースですが継続が大事!とコツコツ続けています。

根気よく指導してくださる先生に感謝。

最近、ここ半年間ぴくりともしてくれなかった『級』が進級したんです〜!

これ、、上手くなっているのか、、
進級したいな!!と思って頑張ってる時は中々あがらない。
でも、淡々とただ集中して書いていて級のことなんて忘れた頃にふと進級したりする。


毎月締め切りのある宿題があって、
やる前はどう時間を捻出するか、、
そして墨汁や筆をセットするのがついつい面倒に感じてしまい重い腰と鉛のような腕が上がらないのですが、
こうして『締め切り』があるとどうにかこうにかそれに間に合わせようと頑張れる。
逆に締め切りがないといつまでもしないかもしれない。。^^;

わたしの場合、
大人になったら自由なようで
制限がないから意識しないといろんなことがなぁなぁになってしまいがち、、、

そして間に合わせたぞ!
という達成感が
やみつきに。
それが何よりのご褒美^ ^

今は仕事もおやすみしているので、
『何かやった!』という感じが日常生活の中ではなかなか感じにくい。
だからこそこういう宿題があるとメリハリが出てイイ!




こんなふうにお手本が届く。

そして、ひたすら書く!
書いて書いてその中から自分でベスト3を選んで提出する。






あーー
今月も終わった〜〜〜
ヤッター!!!


清々しい気持ちで夕方からは息子と少し買い物がてらお出かけしました。

ローマからきた素敵なイヤリングとの出会いが。
試着させてもらった姿を見せたら息子が笑ってハグしてくれました。
いいじゃん似合うよー♡みたいな感じ!?

なに??彼氏!?これ、まるでデート!!
こんな日がくるなんて...じーん


いい気になって
こっちのバングルも見せてくださーい^ ^なんて買い物を楽しみ始めたら

息子、突然お店の外に走り出し、
抱っこしたらイヤイヤと反り返る。
靴を脱ぎ出す!
抱っこしたら服によだれがべったり。
ママがかけている眼鏡をポイ!


有無を言わず買い物the end。


、、こんな彼氏イヤだ。笑

でも、イヤリングだけ買えたのでよしとしよう。

そして帰りは買ってもたせたアップルジュースをシャワーのよう身体中に浴びてびしゃびしゃに。

親子でアップルジュースの匂いぷんぷんさせながら帰宅したのでした。。

アップルジュースは飲むものだよ。
いつか彼女が出来たら買い物デートには根気よく付き合ってあげるんだよ。。
とよく言い聞かせました。。




今日は青い日。

初夏に買って、この夏
履いて履いて履いているフラットシューズ。

編み編みのレザーですっかり馴染んで気持ちいい。

あ〜入る服がいよいよ無い。
明日は検診だ!
何を着よう?

今日もおつかれさまでした^ ^



Aug 19, 2015

家作りは小さな王国作り。

こんばんは。

今日の東京は少し暑さがやわらぎ、
夕方になると涼しかったので息子とゆっくりお散歩しにいきました。
いつぶりだろう。
少しでも動けることがとにかく嬉しい。



麻布十番〜六本木あたりをぷらぷら。
このあたり、六本木って意外に緑が多くて(特にミッドタウンまわり)公園もあって麻布十番は商店街もあるのでママも子ども楽しめる。

東京さんぽいろいろしたいな。
どこかオススメの散歩コースありますか?^ ^

お腹のあかちゃんもポンポンキックして嬉しそう。
君も早く外でお散歩したいんだね。
と思ったら、こうしてお腹の中でぴったり感じられるのはあとほんの少しなんだと思い出し、なでなでなでなで。
身一つから離れちゃうのはやっぱりちょっとさみしいね。
と、右手をつないだ隣を見れば立派にスタスタ歩く息子。
名前を呼べば満面の笑みで見上げてくれる。

あ〜♡これ!!!
あと1年もしたら左にもこれ!?

やっぱり早く出てきて!
ママ、これ両手でしたい!!

....ってそんなうまくいけばいい。
あっちこっち両手を引っ張られてんやわんやしてるのが目に浮かぶ。
それもまた楽しい。

ほどなくただいま!

また6時からのごはん!おふろ!あそぶ!片付け!寝かしつけ!のハードスケジュールを終えてようやくホッとベッドルームへ。

今日もここへたどり着けた....天国。

ベッドルームはいつも天国のようでありたい。
いろいろある毎日で家族が
最後に辿り着き心と体を休める場所。

息子が生まれてから、
彼の寝かしつけのタイミングでベッドルームに入るので
寝かしつけてからも気配を感じてぐっすり眠ってもらうために
ここで過ごす時間がぐんと増えた。

本を読んだり、日記やブログを書いたり、スクラップブックを作ったり、静かに音楽を聴いたり、ヨガをしたり。

好きなことがなんでも出来る。
好きなこと、心地いいことしか持ち込まない場所。

そんな私にとっての世界のどこよりも心安らぐ場所に
この度、素敵な椅子がやってきた...!!

椅子に目がないわたしが
ずっと憧れて欲しかった椅子。

奇跡のような不思議な巡り合わせで
.....なんと譲っていただけることに!

来年あたり清水買いしようかと真剣に考えていたくらいなので驚き...!

感謝して大切に使わせていただく。

ひさしぶりに「引き寄せの法則」なんて言葉が頭に浮かぶ。


お腹の赤ちゃんが産まれる前に、
今しか持てない神秘的な力を使って引き寄せてくれたのかな?
すごいぞ!ありがとう!


FLEXFORM

デザイナーはイタリアインテリア界の巨匠Antonio Citterio


Guscio イタリア語で甲羅という意味をもつ美しいarmchair。

モダンだけどクラシック。
イタリアらしい遊び心もあり、尚且つ座り心地がよい。彼のデザインが好きで好きで。


毎晩眠る前にここへ座り、本を読む。
大きな貝殻にすっぽり包まれているみたい。ふっくらゆったりまさに眠る前の夢見心地。

朝はシャリシャリのリネンのシーツから滑り抜けて、スムースなベロアの肌触りに身を任せてお白湯を飲む。
体の中からじんわり熱がひろがり
あたたかく幸せな気持ちに。

思わずまたうとうと。。となるところでした。

本棚にデスクにウォーターサーバーにとびっきりのベッドと椅子。
ますます快適にベッドルームに住み着けそう。




「暮らし」の空間、長い時間をかけてこつこつ充実させていきたいな。

家を好きな空間に作り上げることが夢だった。
19歳ではじめての一人暮らしをした時。
実家では1人部屋をもったことがなかったので
はじめて手に入れた自分だけの空間。
9畳のワンルーム。
あれやこれや妄想しながらその時出来るインテリアを考えて変えていくことにワクワクした。
ちょっとした配置や布の色、香りなんかで同じ場所が何度も生まれ変わるのを実験するのが面白かった。

そして結婚後は家族ができて、家族で住む家を担当することになった。
私にとって楽しくワクワクする長期スパンの一大プロジェクト。

家は家族がそこで眠って起きて食べて笑って喧嘩して涙して、いろんな愛を共有する。

人生物語がギュッと凝縮される場所。

「secret kingdom」
という好きな曲がある。
手嶌葵さんの歌。

とても綺麗なメロディーと手嶌葵さんの心地よいとしか表現できないほど体の中に優しく溶け込む歌声。
英語で歌っているんだけど
意味はこんな感じ。

「私たちだけの小さな王国。
お城も家来も王座も
何も特別なものはないけれど
ここは特別なわたしの王国。」

はじめて聴いた時
これだ!よし。
王国を作ろう!と決心。
文字にするとなかなか壮大な決心。笑


細々と日々家を整えて、みんなが心地よい気で満たすのはわたしの役目でありたい!と燃えたのでした。



小さな王国作りの様子、
このブログにもところどころで登場しそうです^ ^

さて、今からまたベルベットの貝殻の上で本を読もう。

Ps ブログ、続いてます〜!
続かせるコツ。
毎日何かしらの写真を撮ること。
今までほとんどカメラでしか撮らなかったけど携帯でもちょこちょこと撮るとそれをもとに今日書くことが浮かぶものですね^ ^





Aug 18, 2015

in Red

こんばんは。

お盆も明け、静かだった東京も突然賑やかさが戻ってきました。

こちらは今週に入り
もうぼちぼちいつ産まれてもいいよ〜!という正産期に入る頃。
安静も徐々に解除してちょっとずつ動いていこう。
やっと動ける....!飛び跳ねたいくらい!

久しぶりに息子のプレスクールの日。
お友達のみんなもほんのり小麦肌になっていて(うちの子は吸収体なのでしっかり小麦色)それぞれの夏休みを楽しんだんだなぁと微笑ましくなりました。
紫外線は悪者なのかもしれないけど、こどものほんのり焼けた肌ってなんだかんだすっごく可愛い。


さて、もういつ産まれてもいい頃。
やり残したことをやっておかなければ!!


赤ちゃんのものは年子の特権で何もかもそのままとってあり、そのまま使えるのでカンペキ。

さぁおかあさんのわたし。
これから半年間は髪を振り乱し生きてゆくことが確定な訳なので整えられるものは整えておきたい。

きっと年子育児は想像以上に忙しいだろう。
だって今、息子一人でもてんてこまい。

がむしゃらになること必須。

そんな時、例えばふと目に入る体の先端、足の爪やかかとが綺麗なだけで
よし!まだ大丈夫(?)と救われる気がする。

週に一度、自分の手で真っ赤なペディキュアを丁寧に塗るのが自分の中の女を上げる密かな儀式だったりするのですが、そこはもうジェルに頼ることに。



先端に赤。
もう何年も赤。
いつの間にかここに赤がないと落ち着かなくなった。

手はクリアか白っぽいベージュを薄くくらいがいつも落ち着く。

ハンドもフットもこれまで一通りいろいろ試してみたけど、冒険するたび落ち着かずすぐオフしてしまっていた。

洋服などと違ってネイルは体の一部、常に目に入るものなだけに違和感があると心がざわつく。

ということでこんなツヤツヤな赤が一カ月、うまく持てば二カ月もキープできるなんて嬉しい限り♡
儀式が出来ないのは少し寂しいけれど。

「赤」

昔は苦手だった。
ある時から突然好きになった色。

基本的に地味好みですが
赤はすごく好き。

要所要所にポンポンっと赤が目に入るとわたしの中の鮮やかな部分にスイッチが入る感じ。

元気を出したい時は赤に力を借りる。
元気いっぱいなときは赤と対等に付き合える。



ちなみに今日は元気いっぱいな方^ ^

今は何よりお腹の「赤」が待ち遠しい。

Aug 15, 2015

まどろみのススメ

はぁ〜今日は苦しゅうない〜♡
な気分です。

待ちに待った、、
一か月前から予約を入れていたヘッドスパへ!

妊娠期間って肩や腰は背中... あちこち凝るし、足もむくむし、
かといって今回はあまり動けないから血行も滞る。
セルフマッサージをしようにも大きなお腹がそびえているので足先まで届かない。。

なのに、世間のSPAやマッサージ屋さんは

妊婦さんはご遠慮させていただいています...

のオンパレード。。

万が一何かあった時の責任が取れないという意味でのことなんだろうけど、
わたし、、この期間、、
人生で一番マッサージを欲してます!

マタニティー専用マッサージのお店もあるけれどなんとなくなんか違う。。

じゃあ...ヘッドスパならいいじゃないか♡ということで...

どうせならと奮発して90分のフルコースを。
うちでもヨガや瞑想の時に愛用しているSHIGETAのオイル
《Body Mind Spirit》でのヘッドセラピーをリクエスト。

内面の静けさを取り戻してくれるブレンドだそうで、ほんとに深く呼吸し意識が内に入っていくような静かだけど凛としたそんな香り。

その香りに包み込まれながら
頭から肩、首筋、デコルテまでしっかり流してもらう。

....あ〜溶ける。

なんて至福....。

自分でのコツコツケアも大切だけどたまには人の手でほぐしてもらうのって体はもちろん今のわたしには心の奥にじ〜んわり効く。

子どもが出来てからのこういう時間や外食なんかは、
それ以前とは比べものにならない位のご褒美感とスペシャル感。

この瞬間、細胞全部で味わわなければ!!と意気込みから違う。笑


だからあ〜〜この気持ち良さ。
眠ってしまいたいところだけど
眠ってしまうと気持ち良さも体感的には全て無になってしまう。

マッサージがはじまると同時に眠ってしまい、
終了です〜!と目を開けたら
なにもかもが終わっていて体は軽い気がするけどなんだかすっごく損した気分。。
そんな経験を何度もしてきて学んだこと。

この気持ち良さをしっかり感じて味わいつつ、
眠りまではいかないギリギリのラインをいったりきたりする!
《まどろむ》

これが、最高のマッサージの受け方。

終わったあとのクリアな視界の先に女神のように見えるヘアセラピストさん。

心から感謝する。人をこんなにダイレクトに幸せに出来るってなんて素晴らしい仕事なんだ!と握手を求めそうになる。

そう、わたしは子どもを産んでから感動体質にもより拍車がかかった。

髪はふわふわ、目もキラキラ、顔もピンっ!とハリとツヤが復活して優しい気分で早く家族に会ってお礼を言いたい!と家路を急いだのでした。

今夜はなんてまあるい気持ち。





本日のわたしの脳内画像。

忙しいときほど意識して
人の手でケアをされること、
とっても大切だと思った今日。



おやすみなさい。

運動の向き不向き

最近子供達がいつもにも増して早起きで・・・(早朝4時や5時。。) 睡眠不足が何よりも一番辛い私はそれだけでフラフラに〜! 起きて来たとしても少し前まではたぬき寝入りが通用する時もありましたが 相手もだんだん知恵をつけて来た模様、、! 『お水〜』『ごはん〜』はい。この2ワー...