Jul 6, 2014

母になった日

こんにちは!
毎度ご無沙汰しております〜

ご報告させて下さい^ ^


無事、出産いたしました!
男の子です。


今、産後一ヶ月と半分が経過し、
少しずつですがだんだんリズムが整いつつあります

いまだに不思議ですが、
ついに、、母になりました。
もちろん十月十日の妊婦期間を経て。
ですが、
母になるってそれはもう、、
私の場合ある日突然!
のことでした〜!



初産だから少し遅れるだろう〜と余裕でいて、
一人で自由に動き回れるラストチャンス〜!とばかりにあちこち動き回り人と会ったり、引越しをしたり、結婚式に参加させてもらったり、趣味を楽しんだりetc...満喫していました。






そしてその日は突然に。
なんせ美容院の予約を入れていたくらいです。笑


朝、あれれ?と異変を感じ
産院に連絡を入れたら、
念のため来て下さいと指示があり、
行ってみたらそのまま入院することに!

でも今日は産まれないでしょう〜明日か明後日ですね〜と言われ、
そっか〜まだまだなんだな〜
どうしよ〜入院したものの暇だなぁ〜と本を読んだりメールをしたりして過ごしていると、、

んんん!?
なんとな〜く痛い。
これってもしかして陣痛??
でも先生が言うには今日はまず産まれません。とのことだったのであまり気にせずまた呑気にベッドでうとうとゴロゴロしていると、、、

ッッ!!!!
何これ!!涙
聞いてない。。と思う位の激痛に突然変わり、
慌てて仕事中の主人に連絡。
そこからはズンズンズンっっ!と信じられないほどに急スピードで痛みが増し、そこからあれよあれよとあっという間に出産へ。


陣痛スタートから、
ものの三時間足らずの出来事で、
家族も先生もびっくり!
自分自身も何がなんやら。
お産が早く進行した分、
めまぐるしい痛みのジェットコースターに乗りかかったは最後、耐え難い痛みの波が次から次と寄せては引いて、間隔の狭まり方も容赦なくぐんぐん狭まり、
とにかく必死で無我夢中!
そんな中でもあかちゃんにもうすぐ会えるドキドキに痛み半分お祭り気分のハイテンション半分♡というよくわからない状態になり、
極限までいったところで
おぎゃ〜の声が!!

あ!!産まれた!!

その声を聞いて安堵したのか
ふ〜っと力が抜けて意識朦朧としてしまい、その後、数時間の記憶がほとんどありません。


やっと落ち着き、あかちゃんと改めて対面出来たとき、やっとわたしの中での出産が終わりました。

それでもまだ実感が湧かず、
おそるおそる腕に抱いてみると、
ふにゃふにゃと柔らかく、そしてとてつもなく小さい♡なんて可愛いの!
あ〜会いたかったよ〜あなただったのね!

ぎゅーっと、ぎゅーっと力いっぱい抱き締めたい衝動に駆られましたが、あまりにも小さくて頼りなく、壊れてしまいそうで。

そぉ〜ぅっと指で何度も頬を撫でました。
今まで感じたことのないようなじんわりとしたなんというか...
ほくほくとした気持ちに包まれる。

涙がぽろぽろ。

ありがとう。ありがとう。ありがとう。わたしがママだよ!よろしくね。
何度も心で呟く。何度も何度も。
この言葉しか思いつかなかった。

つい昨日までお腹の中にいたのに、
今、こうしてわたしの腕の中にいる。
すーっと、寝息をたてて小さな胸がとくんとくんと音を立てている。
奇跡としか思えませんでした。

その気持ちは今も変わらず。

退院後は一ヶ月みっちり
母がお手伝いに上京してくれて、しっかり養生させてもらいました^ ^
約10年ぶりの母と暮らす日々は
助かったのはもちろんですが、
それより何より純粋にとても楽しかった。
私が母になったと同時におばあちゃんになった母と喜びを共有出来る幸せが嬉しくあたたかい一ヶ月でした。ありがとう。

そしてその母も帰り、
いよいよあかちゃんとの本格的な生活がはじまったばかりです^ ^



抱っこ、おむつ、おなかすいた、なんとなくさみしいよ〜
その度に

うぇ〜んうぇ〜んと
呼び出しがかかります。

当たり前ですが全て今!待ったなしの要求です。
あかちゃんという名のワンマン社長だねと夫婦で笑っています。

今はまだ、
昼夜どちらもないような毎日で
正直ヘロヘロですが、
主人のサポートのおかげで心身共に穏やかに過ごせています。感謝。

少し眠って起きる度、久しぶりの再会のような胸がときめく不思議な感覚。

四六時中ぴったりそばにいるのにね^ ^




はじめての子育て。はじめての母業。いろんな気付きや出来事があるだろう
これからの未来に今はまだ不安が思いつかず楽しみでいっぱいです。

いい母になれるかどうか分かりませんが、常にまっすぐ見つめて向き合いたい。

まだこの世に産まれたばかりなんにも知らない。眠っておっぱい飲んで泣いて、その繰り返し。

でも確実に人生はもうはじまっているんですね。
こうして過ごす一日一日もこの子の人生の中の貴重な一部だと思うと、幸せな時間を与えたいと力が湧いてくるようです。

一緒にたくさん笑って歌って遊ぼう。

転びそうになった時はそばで手を差し伸べられたら。

幸せや経験、出会いや試練も含め
たくさん与えられますように。

そうして与えられたものに感謝して素晴らしい形で世の中に与えうる人になってほしいと願いを込めた名付けをしました。
気に入ってくれるといいな^ ^



未知の子育て、これからが本番!
というより、これからは毎日本番以外無いんですね。笑
あれこれ想像してみたり計画してみても、実際にはその通りにいかなかったりすると思いますが

子供を育てながらわたしも自分という母を育てる為に手探りで頑張ってみます^ ^

育児は育自だよ。といい言葉を聞きました。


なりたいママ像の妄想はいろいろあったりしますが、なにはなくても
いつも明るい母でありたい。

太陽みたいになりたい。

ってはじめて本気で思って、
ベタな自分の心の展開になんだかくすぐったくなる。

はじめて生まれる気持ちの連続で
とても新鮮です。

わたしと同じくはじめて親になる主人のパパっぷりもとても楽しみ。

よ〜しっ!!




追記...
cocoもおねえちゃんになり、
張り切っています♡

楽しい家族をつくっていこうね!







新しい時計

好きな時代は断然、1920年代と1950年代。 私の中でこの時代を想像してみるだけで心浮き立つ輝かしい時代です。 文学、音楽、芸術、ファッションありとあらゆるものが花開き咲き誇った時代。 アール・デコが好きです。そのアール・デコを生んだ1920年代そのものにも憧れています。...