Sep 18, 2013

お祭り

先週末は大阪へ。

毎年恒例のだんじり祭りに行ってきました!


岸和田という町は生まれ育ったわけではないのですが、
父が幼少時代を過ごした土地という縁でだんじり祭りには毎年家族で出かけています。
小学生までは私もはっぴを着せてもらって綱をひいていました^_^

東京から新大阪で降り、
難波から南海電車の特急(ラピート)に乗って。




このラピート、車内のシートがヒョウ柄です!!
土地柄でしょうか?^_^


毎年この行きの列車は
これからのお祭りを思い、心が弾みます。

岸和田駅に着くと、今年もはっぴ姿の父が迎えにきてくれていました。
はっぴ姿にねじり鉢巻でピッ!としている父。
毎年訪れる父のハレの日。



そして町を歩く。
変わらない街並みに心がほぐれる。

地元じゃないのに見慣れている不思議な町。
私はこの町をお祭りの時しか知らない。
なので、この町はいつもご機嫌な表情なのです。笑

あちらこちらにはっぴ姿。
全国から何十万人も詰めかける観光客。ずらりと並ぶ色とりどりの夜店。

そ〜りゃ〜そ〜りゃ〜という独特のかけ声や太鼓や笛の祭りばやしが聞こえ出します。

あ〜この音!!この空気!一年ぶり!
会いたかった!

物心ついた頃から参加しているお祭りなので、きっと私にもだんじりの血が流れているのでしょう。
早速お祭りモードに切り替わり、
反射的にウズウズ。


だんじりといえば喧嘩祭りなんて言われて、テレビの放送では派手なアクシンデントばかりが取り上げられがちですが、もともとは五穀豊穣を祈願して行った稲荷祭が始まりのようです。
今も、岸和田城がある城下町。

私はこの目で見る限り、
勢いや情熱は感じますが
荒々しさというものはそれほど感じず、
町の人みんながとてもだんじりを愛して大切にしている姿や
待ちわびたこの日に感無量の幸せを感じている姿にいいなぁと和んでしまうくらい。

各町ごとにだんじりを所有していて、
それぞれが揃いの自慢のはっぴ姿でのぞむわけですが、これってすごいことだなぁといつも思います。

小さな子供からおじいさんまでみんなひとつになって自分の町のだんじりというものを共有している。
ということはご近所さんみんなの宝物が一緒なんです。これって、ほんとにすごい!
そして子供たちには
自分の町のだんじりの屋根の上で凛と舞う、大工方という共通のスターがいること。
近所のお兄ちゃんがスターになる。
将来の夢ともうひとつ、憧れの対象が身近に存在するのってとてもいいと思う。


父を見ていても、毎年一度の盛大な同窓会みたい。
私も地元の人が愛するお祭りがある地域で暮らすのっていいなぁと思います。


夜のだんじりはこどもたちが主役。

こどもたちに会えるのも毎年の楽しみ♡


町はちょうちんで淡く浮かび上がり、
夜店が延々と賑やかに続き、
だんじりもちょうちんで飾って昼の激しさはどこへやら、
穏やかに終わりに近づくのを惜しむかのようにゆっくりゆっくりと進みます。

屋根にもこどもたちが群がり、
笛や太鼓もこどもたちで。
この日の為にたくさん練習しているのでしょう。
大人顔負けに上手。



ぽーっと灯りをつけただんじりがゆっくりゆっくり優美な鼓笛の音色を響かせながらいく姿はなんともいえない風情があります。






あいにく二日目の日曜日は台風で、(皆様の地域は大丈夫でしたか??)大雨でしたが、だんじりは雨天決行!
大雨、台風をものともせず、町中を駆け巡っていました。私も、、ずぶ濡れになりながら何時間も夢中!

いい思い出になりました。
私の秋の彩りの行事。また来年!

..............................................................

秋!

北海道の美味しい紅鮭をおすそ分けしていただきました!


早速鮭をふんだんに使った炊き込みご飯に♡
肉厚でとっても美味しかったです。




さぁ食欲の秋、始動!!^^

Sep 10, 2013

大統領の料理人


お友達がオススメしていた映画を観に渋谷Bunkamuraへ♡
ここはいつも気の利いた映画を上映しているので、携帯にブックマークして常にチェックしているスポットでもあります。

つい先日は、加藤登紀子さんのコンサートにも行ってきました。
加藤登紀子さんといえば!!
ジブリ【紅の豚】のマダムジーナの声!ジーナの歌うシャンソン。
さくらんぼの実る頃
は、以前ブログのタイトルにもしていた位、心酔している一曲。
コンサートで歌ってくれるか分からぬまま期待を胸に行ってみると、、

一曲目は
薔薇色の人生!スタートからうっとり世界に入っていくと、、

な、なんと♡
二曲目にしてさくらんぼの実る頃が〜!!
これには驚き、何しろ憧れの生ジーナのさくらんぼの実る頃ですから感極まりポロポロと。。
感激でした!
ここはホテルアドリアーノ!?と、興奮の素敵な夜を過ごせました。


少し話が脱線してしまいましたが、
今回観た映画は

【大統領の料理人】


ミッテラン大統領の専属シェフとして
活躍したひとりの女性の実話を元にした映画。

映画の料理モノ♡は
ジュリー&ジュリアもそうだけど、
やっぱりいいですね〜^_^

この映画に出てくる料理の数々がなんとまぁ美味しそうなこと!

映画館でお腹が鳴った人、私以外にもきっといたはず!笑


映像ももちろん美味そうなんですが、
料理を作る音!
切り分ける音。
バターのジュッという音も本当に美味そうでした。

主人公が料理を作る時の話し方も可愛くて魅力的!



黒トリュフのサンドイッチ
はぁ〜♡




いろんな逆境に葛藤しながらも自分の使命を全うする為に
ブレず、ただ大統領に美味しい料理を作りたい!という情熱が伝わる映画で。

劇中に登場するサーモンのファルシという料理があまりにも美味しそうで、
パンフレットにレシピが載っているということだったのでGET。



難しそうですが、チャレンジする価値ありかも!

そして、観終わった後
この映画をオススメしていた
お料理好きでフランス好きの彼女の事を思い出しました^_^






素敵な映画との出会いをありがとう!

お料理といえば!
最近買ったお気に入りのお箸置き^_^



無性にお料理したくなった帰り道でした♡


そしてそして!
祝!2020年!東京オリンピック!!
やったーーっ!

アピールの場での皆さんのスピーチ、
そして決まった瞬間の大歓喜!の様子。うるうるしながら一緒に感動しました。

これから7年、この高揚感が続くと思うと明るい気持ちでいっぱいです^_^

小学生の子供たちが7年後のオリンピックを目指して!やる気充分な姿をテレビでみて
私も刺激され、7年後の目標をなにか立ててみたくなりました^_^

PS...
そうそう、夏の課題図書に挙げていた【細雪】秋に突入してしまいましたが、


終盤に突入です♡



Sep 2, 2013

夏の終わり

8月末日。

今年は海には一度しか行けなかったなぁ。なんて思うと、いてもたってもいられなくなりバテ気味の体を連れて、
夕方前から車を出して葉山までドライブに。
小一時間で行けるので、葉山や鎌倉方面には自然のパワーをチャージしたいとき、ちょくちょく訪れます。



砂の上を裸足で歩くのが大好き。
普段護られている足の裏を細かい粒が柔らかく刺激して、少し、くすぐったくて。
夕方の砂浜は表面は夏の熱を帯びながら、そのすぐ下はひんやりとしていて足をくぐらせたりするのがとても気持ちいい。






日が落ちるまでの少しの時間。

せっかく浸ろうと思ったのに
風がすごくって、帽子は飛ぶわ髪は顔にムチのように当たるわで気持ちいい夕暮れとはまたちょっと違いましたが。笑


昔のトレンディドラマに出てくるような雰囲気の海岸に面したお気に入りのレストランがあるのです。


海の幸がどっさりはいったパエリアをいただいて、
帰りは車の屋根や窓をあけて、

さらさらとした夏の終わりの空気を感じながら帰路につきました。

毎年感じている終わってしまう夏に対しての寂しさは今年もやっぱりありますね〜!

毎年夏になにをするわけでもないのに、
いつもいつもこの気持ちはなんなんでしょう、、?
真っ只中は暑いな〜早く涼しくなぁれなんて思ってるのに、去りそうになった瞬間、え?もう。ちょっと待ってー!と未練を感じて、いなくなったら恋い焦がれだす。笑







まだまだ日中の暑さは続きそうですが、ひとまず夏にさようなら!また来年♡

さて、今日から気持ちは秋モードに切り替えていこうっと^ ^
秋というだけでなぜかお腹が空いてくる私です^_^




Pensée

今日は早朝から撮影。
珍しく、演技のお仕事をしています〜!

そしてただいましばしの空き時間。
本を読むための居心地のいいカフェ探し。
無事、発見できヘーゼルナッツオレをオーダーしました。ほっ。

共演の役者さんたちと空き時間に本の話で盛り上がり!

自分では選ばないような一冊が思わぬ風を運んできてくれて、その風の心地がまさに求めているものだったり!
本も人と同じ。
出会いと縁ですね。

細雪は重いので、、
今日は鞄に可愛い本をいれて。
昭和初期からいきなり現代物語へ。

コラムニストでもあるlilyさんの小説。
装丁が可愛くってつい手にとってしまいました。
姉妹のお話です。

あれ?細雪も姉妹のお話!

やはりわたしも三姉妹で姉妹のお話は共感出来るのかもしれません。



運動の向き不向き

最近子供達がいつもにも増して早起きで・・・(早朝4時や5時。。) 睡眠不足が何よりも一番辛い私はそれだけでフラフラに〜! 起きて来たとしても少し前まではたぬき寝入りが通用する時もありましたが 相手もだんだん知恵をつけて来た模様、、! 『お水〜』『ごはん〜』はい。この2ワー...